但馬の食材で手巻きパーティー

 

先日城崎温泉の某所にてまたまたテマパが開催されました。

“テマパ”とは、京都・宮津にあります飯尾醸造の飯尾さん(テマキング)が考案された
格的なルールに基づいた手巻きのパーティー。
富士酢と聞けば皆さんご存じだと思いますが、その富士酢の醸造元の
飯尾さんです。

まずはシャリ切りから始まるのですが、ちょっと黄色がかったお酢で切り
ほんのり薄く色づいた酢飯はそれだけでも美味しい。
そしてお洒落な立ち振る舞いでシャリ切る飯尾さんが
これまたかっこいい。

(※飯尾さんは宮津にて、7月6日に南イタリア料理店acetoを
オープンされます。)

最初は何も巻かずに酢飯と海苔だけで食べる“グナッシー”で
パーティーはスタートです。

今回は但馬で知らない人はいないという
大人気のお店“WOLF”と“tanigaki”を経営されている
谷垣兄弟のお料理の隣におけしょう鮮魚からも
お魚を使った料理を少しだけ並べさせてもらいました。

今回のメニューは…
・スズキとナッツのサラダ
・とびうおとアボカドのユッケ風
・自家製はたはたの焼へしこ
・茄子と岩もずくの揚げびたし
・白いか小いかのたれ漬け焼き
・いさきの炙り(柚胡椒&岩塩で)

今回のテマパはそれだけではありません。

絵本“パンダ銭湯”や“うんこしりとり”等で有名な
夫婦で絵本作家のtuperatuperaさんがお越しになられていたのです。ご夫婦で。本物です笑

大好きな二人にお会いできるだけでも嬉しかったのですが、
なんと目の前で読み聞かせまでして頂き、
その上、本気で挑んだじゃんけん大会に大人げなくも勝ってしまい、
“パンダ銭湯”をご本人からサイン入りで頂いてしまいました。

いろんな分野の第一線で活躍されている方々と、
なんとも贅沢な時間を過ごし夢のようなひとときでした。

 (株)おけしょう鮮魚・海中苑

  〒669-6101 兵庫県豊岡市城崎町湯島132

Tel:0796-29-4832
↑↑↑
スマートフォンから電話番号を
タップすると直接発信可能です

公式サイト:http://www.okesyo.com

 

Comments are closed