ほたるいかの秘密


 

 

 

 

 

 

津居山から出港している底引き網漁船。

その漁期は毎年9月から翌5月までと決められており、
資源保護等の為に6月~8月の3ヶ月間は休漁となっています。

水深約100~600メートルの辺りに、
約1000~2000メートル位の長さのロープを投網→
→引き上げ→魚を分別→投網

という作業が繰り返されるそうです。

底引き網漁で獲れるのは、
カレイ・はたはた・ニギス・どろえび・のどぐろ・ほたるいか等々。
また有名なのは松葉がにですが、
こちらは一足早く3月末から禁漁となっています。

…と言う訳で、今期の底引き網漁も残すところあと僅か!!

上記のお魚さん達とはしばしのお別れです。

写真は“ほたるいかを干している所。

干物にする為に1匹1匹、丁寧に並べて干します。
手間がかかりますが、その甲斐あってご好評を頂いており、
遠方からのおとりよせリピーターさんもたくさんおられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(株)おけしょう鮮魚・海中苑
〒669-6101 兵庫県豊岡市城崎町湯島132

Tel:0796-29-4832
↑↑↑
スマートフォンから電話番号を
タップすると直接発信可能です

公式サイト:http://www.okesyo.com

 

Comments are closed