城崎では筋子から自家製いくらの醤油漬が流行中!

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

大きな画面でみると、かなり迫力のある写真ですが…。

上の写真は、この時期入荷がある“筋子”。

この筋子をほぐして醤油漬けにした物が下の写真のイクラです。
イクラはとても美味しいですが、お値段もそこそこしますので、
なかなか普段気軽には買えません…。

が、筋子の状態ですとイクラよりはだいぶ安く手に入ります。

ただしイクラの粒は筋子の薄い膜に覆われていて、
簡単にはバラバラにほぐせません。

やり方は色々ある様ですが、まず50度位のお湯に塩を入れ、
ほぐれない粒は筋ごとお湯に漬けます。
そして潰れない様に優しくほぐしてザルにあげ、何度か流水で
残った膜を洗い流して完成です。

簡単そうですが、ちょっと手間がかかります。
その為に市販のイクラは値段が高いのでしょうか…。

お湯につけた後、手でほぐさずに湯からあげて泡立て器を使い、
粒を潰さない様に筋の上を滑らせながら取る…
というやり方も試してみた所、こちらもうまくいきました。

醤油漬けの方法も色々ある様ですが、
今回は醤油2・酒1・みりん1と昆布に一晩漬けました。

たくさんできた場合は一晩漬けた後ザルで醤油を切り、
小分けして冷凍すると1か月位は保存できそうです。

我が家の場合は子ども達も大好きなので、
冷凍しなくてもスグなくなりそうですが…。

 

 

 

 

 

 

 

こちらはヤマカレイと九条ネギの“じゃう”。

“じゃう”と言うのはヤマカレイやハタハタを使った“鍋”の事で
具材はネギのみ。

特に決まりはないので、お豆腐やその他の具を入れてもいいと思いますが…。

“じゃう”と言う名前の由来は、調べてみましたが良く分かりませんでした。
魚を使ったすき焼き風のお鍋の事を“じゃう”と呼ぶ事もあるそうです。

(株)おけしょう鮮魚・海中苑
〒669-6101 兵庫県豊岡市城崎町湯島132

Tel:0796-29-4832
↑↑↑
スマートフォンから電話番号を
タップすると直接発信可能です

公式サイト:http://www.okesyo.com

 

Comments are closed