津居山産ノメとババア


 

 

 

 先日、今年は雪が少なかった…とお伝えしたばかりですが、本日はご覧の通り。
3月なのに結構本格的に降っています。三寒四温を繰り返し…と言いますが、
春はやはりまだちょっと先の様です。

 

昨夜ゴールデンタイムのテレビの画面に、見慣れた魚が次々と…。
まずはゲンゲ。(写真向かって左3枚)。城崎では一般的に〝のめ〟と呼んでいますが、
ゼラチン質の膜に覆われた上品な白身の魚で、この辺りでも日常的に食べられている魚です。
お吸い物や唐揚げ、また当店では自家製の干物としても販売しております。
その、他にない食感と風味は大変美味で、リピーターの方が良く買いに来られます。
一見ヌルヌルしていて見た目はあまり良くありませんが、スタジオの皆さんも絶賛されていました。
私も初めて見た時はちょっとビックリしましたが、ズルズルっとした食感が癖になりますよ。

そして写真向かって右3枚は、その名も〝ババア〟!
この辺りでは〝きつねだら〟とも呼びますが、淡泊な白身でこちらもこの辺りでは
鍋や煮付けにして日常的に食べられている魚です。

どちらも一般大衆魚で、お値段もそんなに高くありませんので、
また食べた事がない方は是非トライしてみて下さい

 (株)おけしょう鮮魚・海中苑
〒669-6101 兵庫県豊岡市城崎町湯島132

Tel:0796-29-4832
↑↑↑
スマートフォンから電話番号を
タップすると直接発信可能です

公式サイト:http://www.okesyo.com

 

Comments are closed