円山川下流域・つばめのねぐら入り&夢但馬産業フェア

 

 

 

 

 

夏休みも残すところ、後僅かとなりました!

今年は雨が多く、国内最高気温でお馴染みの豊岡ですら、
うだるような暑さは数日に終わりました。

少し物足りない気もしますが、新学期、食欲・スポーツ・文化の秋!
新しい季節の始まりです。
当店の駅前店も8月31日をもって一旦終了です。
次は9月の3連休にオープン予定です。
海中苑では個人、または団体さんのご予約も承っていますので、
お気軽にお問合せ下さい。

豊岡の夏の終わりの風物詩と言えば、
“つばめの塒(ねぐら)入り”

円山川下流域に広がる葦原には、つばめの塒があります。
この辺りでは他に福知山にもあるそうですが、実はあまり知られていない
数少ない重要なツバメの塒です。

この時期夕暮れ時になると、子育てを終えたツバメの親子たちが
一斉にこの葦原に集合します。その数約1万羽~3万羽。
ツバメの群れで夕暮れ空は一気に薄暗くなり、その後信じられない様な
光景が広がります。

頭上で旋回していたかと思うと、突然ミサイルの様にものすごいスピードで
葦原に突っ込みます。まさに突入!といった感じ。
まるで黒い雨か、黒い流れ星が降ってきたかの様。
近くで見ていると恐怖すら感じます。

ツバメ同士が何故ぶつからないのか、
あのスピードで突っ込んで何故体や頭を打たないのか不思議です。

身を守る為にこの様に集団で行動するそうなのですが、
その光景はまさに圧巻。自然の神秘に触れる事ができます。
機会があれば、是非見に行ってみて下さい。
先日たまたまテレビでその様子が紹介されていました。

9月中旬頃になると、皆徐々に越冬の為豊岡を去るのですが、
調査ではこのツバメ達がフィリピンやインドネシアへ渡っている事が
確認されているそうです。

ツバメ達がここを選んでくれた事には、おそらく理由があり、
そんなツバメ達の為にも、この美しい円山川がいつまでも居心地のいい塒で
あり続けられる様願ってやみません。

 こちらは夢但馬・産業フェアのお知らせです。
未来へつなぐ“但馬のものづくり”…という事で、
但馬で展開している様々な分野の企業が出店する産業フェアです。一般の方ももちろん参加できます。
当日は飲食を提供するブースもあり、賑やかな2日間となりそうです。
この機会に是非但馬再発見してみて下さい。
当店も屋外会場にて出店予定です。

 

(株)おけしょう鮮魚・海中苑
  〒669-6101 兵庫県豊岡市城崎町湯島132

Tel:0796-29-4832
↑↑↑
スマートフォンから電話番号を
タップすると直接発信可能です

公式サイト:http://www.okesyo.com

 

Comments are closed